思い出の5月

0
    JUGEMテーマ:India
    もう6月も半分過ぎましたが楽しかった5月のまとめでーす。

    5月17日、六甲アイランドファッション美術館オルビスホールでの
    イベントに出演しました!
    「Passion Kobe Vol.1」だったのでいずれVol.2もある?
    ファッションとダンス、歌などいろんなジャンルの方々が出演されてました。
    ステージがあるホールで踊るのはインド舞踊では初めてなのでなんだかドキドキ・・・
    実際出てみると、ダンスに興味がない方はもはや見る気がないようだし
    その上ステージ以外は暗いので、視線を感じず無我の境地的(?)な心境で
    なんと!珍しく振りを間違えずに踊れました^^

    しかし今回のイベントはですね、わたしのステージ上の自己満足などよりは
    もっとステキな出来事があったのですよ〜 うふふ


    じゃーん!!!
    当店のドレスで出演してくださったお嬢様方ですわよときめき
    みんななんてカワイイの・・・
    うちのドレスがこのように一堂に会すのは初めて見たので
    ほんとうに感激ひとしおなのです。
    初めてのインドドレスに選んで下さった方もいて
    皆さんの思い出の一着になったことをうれしく思います。
    貴重なショットですね。
    一生大事にさせて頂きたいです。

    さて、一生ものの貴重ショットをもう一枚!

    四十路も終盤のくたびれたわたしと並んでるお顔の小さなハンサムガイは誰でしょう?
    未来のダンナ様ではありませんよ〜(だとするとステキすぎ!)
    この方は有名なオリッシーダンサー ラフール・アチャリヤ様ですラブ
    5月24日に神戸インドクラブにて開催された公演に行ったときのものです。

    こんなふうにしてると優しいお兄さん風なんですけどねえ、
    いざ踊るとなんとまあストイックなこと・・・
    5月17日のわたくしとは全く別な意味の、本物の雑念なき無我の境地で舞うんです。
    オリッシーは初めてみましたが、独特の粘っこいスローな動きは
    こちらが緊張感を感じてしまうほどです。
    その上ラフール様は周りで何が起ころうが神に捧げる神聖さを崩さず
    人の視線をまるで意に介さない、つまり観客へアピールする気はぜんぜんなくて
    神様とともにどこか違う次元にいるような硬質な雰囲気です。
    彼の心は完全に神モードで、俗人であるわたしの
    わあ〜手足長いわあ、とかハンサムよね〜とかいう下卑た心さえ
    拒絶するような静かな祈りの舞踏が続きます。

    そこへ、2曲目が始まり村上幸子先生の登場!
    幸子先生の華やかさと観客へのあふれるサービス精神でいっきに場が和みます。
    ここでどれくらいのお客さんがほっとしたでしょうか・・・
    観客を惹きつけ盛り上げていく幸子先生のアピール力が
    まるで対照的なラフール様の厳格さとあいまって
    対流と同調が同時に起こる不思議なムードが会場を包み、とても興味深かったです。
    ともあれこの曲は楽しく、そしてお二人の美が輝いておりました。

    去年の公演の紹介ビデオがあったので貼っておきます。
    https://www.youtube.com/watch?v=ZYpc6L2S2R0
    舞台で大きく見えるので175cmくらいかと思いましたが
    並ぶとけっこう小柄な方(推定167cm)でした。
    また来日される時はぜひ見に行きたいです。


     

    コメント
    コメントする